高反発マットレスの特徴やメリットを解説。

高反発マットレスとはどんなものなのでしょうか?

高反発マットレスとは?

高反発マットレスは、硬くて疲れそうというイメージを持っている人も多いと思いますが、硬いのではなく、沈み込まずに跳ね返す力が強いもので、その高い反発力が高反発マットレスのポイントと言えます。寝返りは一晩の睡眠で約20回前後が適正と言われていますが、高反発マットレスは、その反発力が高いことにより寝たときに体があまり沈み込まず、寝返りが打ちやすいのが特徴です。

また、高反発マットレスは、睡眠姿勢をキープでき寝返りを打ちやすくしてくれます。横になってみるとわりかし硬くて弾力があり、寝返りのしやすさが最大のポイントです。

次に、種類や特徴についてご説明します。

高反発マットレスは、種類が豊富にある

高反発と一口にいっても、さまざまな種類がありますが、それぞれの種類によって使われている素材や特徴が異なります。

よく販売されているものは、以下の3つです。

ウレタンフォーム

低反発と同じ素材で、体重は分散されるがやや通気が悪い。
寿命は、低反発に比べると長く、重さは普通。水洗いは、できない。

スプリング

バネが使われています。内部の通気性が良く長持ちしますが、高価になりがち。
寿命は、高品質なものはとても長持ちします。安価で低品質だとへたることもあります。
重さは、重たくて動かしにくく、水洗いはできません。

エア系

素材は樹脂繊維で、涼しくてムレないためとても快適ですが、へたりやすいです。
寿命は、へたりやすく、重さは、軽くて持ち上げやすい。水洗いはできます。

高反発マットレスの特徴

やわらかいものと比べ、手で押すと弾力があって跳ね返ってくる力が大きいので、寝転がった時に、体の重たい部分を押し上げてくれます。寝心地が硬いと感じるのは、体があまり沈み込まないからです。

高反発マットレスのメリット

寝返りしやすい
体重を分散するため腰が痛くなりづらい
風通しが良くてムレにくい
へたらず長持ちする

お尻や肩など重たい部分を押し返す力があるので、体重がうまく散らばります。

これが朝まで続くので、起きた時に腰が痛くなりません。

また、体が沈まないので、寝返りしやすく朝起きた時に疲れが取れやすいのが特徴です。

また、風通しがよくてムレにくく、夏場など汗をかくときでも快適です。さらに、変形しづらく、エア系以外は耐久性も高めです。

高反発マットレスのデメリット

柔らかい布団に慣れている人にとっては硬くて寝づらいこともあるでしょう。
体が軽い人は肩やお尻に痛みを感じることもあります。高価になりやすい傾向があり、もともとやわらかい布団で寝ていた人は、硬さに慣れないかもしれません。

特に体が軽い人は、硬すぎるものは選ばないほうが良いでしょう。

素材や商品によって価格は異なりますが、全体的に見るとやや高額になりやすいです。

硬すぎず、柔らかすぎないものとしては、マニフレックスなどが有名です。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

WordPress コメントの投稿者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です