喪服の選び方を解説します。

身近な人が亡くなった時、親族や友人、知人など様々な方が集まり葬儀を行いますが、その時重要になってくるのが喪服です。学生の場合、制服で参加できますが、社会人の場合にはちゃんとした喪服を着て参加しなければなりません。なので、喪服を持っていない方は、早めに用意することをおすすめします。

喪服とは本来、遺族が喪に服していることを表している服装のことです。喪服には、和装やモーニングなどの正式とブラックフォーマルやブラックスーツなどの略式とがあります。

立場によって着る喪服は異なります。遺族は正式の喪服を着て葬儀に参加し、参列する側の場合は略式の喪服を着ます。現在においては、黒の喪服が主流です。

男性の場合、ワイシャツは白で黒のフォーマルスーツを着用しましょう。ネクタイ、ベルト、靴、靴下なども黒で統一し、ネクタイはストライプなどの柄が入ったものではなく、無地でタイピンをつけないようにします。また、洋装ではなく和装の場合には、羽織と黒無地染め抜き5つ紋付の着物、角帯、仙台平の袴を選ぶ様にしましょう。

女性の場合は、黒のフォーマルスーツを着用し、肌の露出を極力控えるようにしましょう。葬儀の場で、肌を見せることはマナー違反となってしまいます。また、服やバッグ、靴などの素材は全て光沢がないものを選びましょう。和装で参加をする場合には、夏は紗や平絽、冬は一越ちりめんや羽二重の生地を選択しましょう。

年代別の女性喪服の選び方
女性の喪服は、男性の喪服と比べて多くの種類があります。年代別に、選ぶ際のポイントをご紹介します。

20代は、ジャケットタイプの喪服を選ぶと良いでしょう。また、フレアスカートは、タイトスカートに比べてシワになりにくいので、あまりスーツなどに慣れていない20代の方に扱いやすいといえます。

30代は、ワンピースタイプやアンサンブルが便利でしょう。アンサンブルは、上着を変えるとどの季節でも着ることができます。ワンピースは落ち着いた印象があります。

40代、50代は、長く着られるように、質の高い喪服を選ぶことが求められる年代です。もっとも格式の高い正喪服を揃えておくと安心でしょう。

60代以上は、質の高い喪服を選ぶのが基本となります。

喪服がないとお困りの方は、いないでしょうか?もし急な葬式などの際、レンタルするということもできます。喪服レンタル店があります。こちらは、インターネットで予約もできるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です