家電付き物件とは何?メリット・デメリットを解説。

家電付き物件とは?

管理人が住んでいた、名古屋のデザイナーズマンションも家電付き物件でした。家電付き物件というのは、その名前の通り、初めから生活に必要な家電が設置されている賃貸物件のことです。欧米では「Furnished Room」と呼ばれています。多くの賃貸物件がこちらに該当します。最近では日本でもその数が少しずつ増えてきていて、学生用賃貸物件やウィークリーマンションなど、初めてひとり暮らしをする人や単身赴任の人などの利用が多いです。欧米の家電付き物件との違いは、日本の家電付き物件の多くは、その物件のオーナーではなく、仲介する不動産業者が家電を設置して、そのコストを家賃に上乗せしているケースが多いのが特徴です。

そちらの場合、一般的な賃貸物件と比べて家賃は少々割高になります。しかし、新生活に必要な家電一式を購入するよりは、かなり低コストで暮らすことが可能です。

家電付き物件に設置されているや家電について

では、一般的な家電付き物件にはどのようなものが設置されているのでしょうか?生活する上で必要となる、下記のものが設置されています。

テレビ(24インチで2万円~)
エアコン(6畳用で3万円~)
洗濯機(容量4.2Kgで2万円~)
冷蔵庫(118Lで2万円~)
照明器具(6畳用の照明器具で2千円~)
電子レンジ(単機能のレンジで5千円~)
電気ケトル(一般的な電気ケトルで2千円~)

など
※新品で購入する場合の相場となります。

家電付き物件のメリット

家電付き物件のメリットとは、何でしょうか?家電付き物件を選ぶ一番のメリットは、新生活スタートのコストを大幅に減らすことができるという点です。特に初めてひとり暮らしをする場合、生活に必要な家電を一式揃えなくてはいけく、時間もコストもかかってしまいますが、家電付き物件ならその様な心配もありません。また、入居のときはもちろん、退去のときも身軽なので、荷物が少なければ引っ越し会社を利用しなくても自分で引っ越しすることもできます。

家電付き物件のデメリット

家電付き物件のデメリットは、自分好みの家電を選べないという点です。せっかくひとり暮らしをするのなら、好みのインテリアで部屋を飾りたいと考えている人も多いと思います。しかし、家電付き物件では残念ながらそれはできません。

そのほかにも、契約時に家電使用に関してのサービス入会金などの費用が別途かかったりすることもあるので、契約前に確認をしておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です