分譲住宅のメリットとデメリット

分譲住宅のメリットは、3つあります。

購入前に住宅を見て確認できる

まずは、分譲住宅の場合、すでに完成している住宅をその目で確認してから購入することが可能なことです。

収納スペースの数や日当たりのよさなど、生活環境を左右する要素をあらかじめ確認できるので、この点は非常に大きなメリットです。

費用が比較的安い

分譲住宅には、費用が比較的安いというメリットがあります。住宅の購入はとても大きな一生の買い物であるので、できるだけ費用は抑えたいですよね。費用が安いというメリットは、こうした意味でも非常に大きなメリットです。

そして、費用が明示されていることは、予算が立てやすいというメリットにもなります。購入に必要な費用をあらかじめ把握していれば、それを前もって用意しておくことができます。

一般的に大型の分譲住宅は、昔、畑や田だった土地を造成しているので、街中から少し離れた場所などに建築することが多いです。なので、分譲住宅に対して、生活が少し不便になりそうというイメージを持っている方は多いといいますが、場合によっては、分譲住宅の近くに学校や病院、スーパーなどが建設されることもあるので、生活が不便になるとは言い切れません。 つまり、前のイメージは正しくないということです。分譲住宅でも、十分に利便性を感じて暮らすことができるのです。

「購入前に住宅を見て確認できる」「費用を安く抑えることができる」「利便性の高い生活が送れる」、この前3つのメリットには、安心感を得られるという分譲住宅ならではの魅力を感じることができますね。これで言えることは、分譲住宅は快適な生活環境のなかで毎日を安心して過ごしたいと考えている方におすすめと言えます。

分譲住宅のデメリット

分譲住宅には、たくさんのメリットがありますが、いくつかデメリットがあります。

例えば、土地の広さが確定している分譲住宅の場合、庭をもう少し広くしたいなどの要望を通すことは難しいです。そのため、購入する際は土地の広さをあらかじめ確認しておくことが大事といえます。

さらに、間取りと内装・外装デザインもすでに決まっているので、自身の希望する間取り、デザインにすることはできません。

しかし最近では、間取りのパターンを複数用意している住宅が増えてきているので、家族の暮らしに合った間取りを選択することができるようになってきています。

また、デザインに関してもプロの建築士の設計によるおしゃれな外観も増えてきているので、比較的デザイン性の高い住宅に住むこともできます。

私の近所の武蔵村山市に新築の分譲住宅が建っていますが、これは全国各地に見られることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です